休日はお外で遊ぼう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twilight Express(大阪-札幌を繋ぐ寝台列車)の運転が、秒読み段階に入った。
非常に思い出深い列車である。
どうしようかと悩んでいたが、残されたチャンスは今日か明日・・・。
チョット重い腰を上げて、25年ぶりに会いに行くことにした。
s-P3070303.jpg
大阪駅、ひっそりとしている。
s-P3070304.jpg
これだと車内に入って懐かしむことが出来るだろう。
20分くらい、停車しているはず!
s-P3070305.jpg
おぉ、10番線。
この時点で何だか、感動・・・。
s-P3070306.jpg
あ~、懐かしい。
この深みのあるグリーンのボデー!
s-P3070307.jpg
見る見るうちに、た~くさんの人が・・・。
s-P3070309.jpg
残念ながら、各デッキには係員が待機しており、中には入れそうに有りません・・。
s-P3070310.jpg
「Twilight Express 札幌」
s-P3070311.jpg
この様な感じで、厳重に監視されております。
s-P3070312.jpg
ここはBコンパートメント。
4人一組の開放型です。

ちなみに私たちが乗ったのは、2人用B個室でした。
下から2番目のグレードですが、十分でした。
s-P3070313.jpg
これは電源車ですね。
客車なので、各車両に電源を発生させて供給する役目をしています。(多分)
s-P3070314.jpg
パッと見ですが、かなり大型のディーゼル機関が2基、横たわっていました。
恐らく1000rpm程度かそれ以下で、アイドリングされているような感じです。
s-P3070315.jpg
さて、機関車です。
専用に塗装されたものが、使用されています。
s-P3070316.jpg
気が付くともう溢れんばかりの人!!とても近くには寄れません。
ならば反対ホームへでも行った見るか。
s-P3070320.jpg
だめだ・・・。
でもヘッドマークくらいは撮っておきたい・・・。
しかし前の方に入ていくには勇気がいる(泣
鉄道ファンのかたは、自分のエリアに人が入ったり、妨害されたら、信じられないほど逆上すると、
聞いたことがあるし・・・。
ま~、お姉さん2人組なんかもグイグイ入っているし、行くか!
s-P3070319.jpg
な~んとか、辛うじて成功!
EF81型だって、かっこい~い。
運転手さんも気合い十分、ヘッドもハイビームok。
s-P3070321.jpg
あっという間に、波に浚われるように後方へ流されます・・・。
あ~、文句言われなくてよかった・・。
s-P3070324.jpg
出発のアナウンスが、放送されるとさらに人の動きが・・。
同時に声援も!!
s-P3070325.jpg
足を何回踏まれたかわかりません。
移動しよう。
s-P3070327.jpg
まもなく列車が動きます、「離れて下さい」
だれも離れません・・。
s-P3070328.jpg
ここは機関車との連結部分です。
スタート時に、「ガクッ」っという振動は、ここのクリアランスによるものと思います。
s-P3070332.jpg
さ~、マイクまで登場して!!
安全確保の為だから、みなさん潔く離れましょう。
s-P3070335.jpg
ホイッスルは有りませんでしたが、札幌へ向けて出発です。
また歓声!!
s-P3070337.jpg
本当にゆ~っくり!
感動です。
s-P3070339.jpg
いったい何枚の画像が記録されたのだろう??
s-P3070343.jpg
「ありがとう」と言う声も・・。
何だか涙が出てきそうに・・・。
s-P3070344.jpg
しだいにスピードが・・。
s-P3070345.jpg
これはロビーカーですね、ゆったりくつろげます。
でも私の頃と、少し型が変わった??
進行方向左側が、全面ガラス張りだったような・・。←記憶が曖昧です。
s-P3070347.jpg
ルーフが少し低くなって、クーラーが付いているのは、食堂車ですね。
わたしは予約が取れず、パブタイムでおつまみとビールを頂きました。
あ~、懐かしい。
s-P3070348.jpg
最後の歓声です、最終部分がスィートルームと言って、当時は一般の人は購入不可能とまで言われていました。
s-P3070350.jpg
たしか札幌に次の日の9時頃到着だったかと。
最初は「こんなに長い時間どうしよう??」と思っていましたが、本当にあっという間だったのを覚えています。

実のところ、本当はもう忘れかけていましたが、楽しかった時間をありがとう!


スポンサーサイト
コメント

ももぴー様

電車の撮影大変でしたね~!
何やら思い出に浸ってましたが女性絡みの
色物語だったりして…?
2015/03/08(日) 06:53:52 | URL | しまさ #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
しまさ様、おはようございます。

ここ数年で、情緒ある夜行列車が次々と廃止になり、本当にさびしくなる一方です。
特にこの列車は、一度お世話になっているだけに、特別な感情があります。
ある意味「色物語」ですね!!
2015/03/08(日) 08:20:46 | URL | ももぴー #-[ 編集 ]

凄い人ですね
ほんまお疲れさまでした
ですね……
素敵な写真をおおきに(*^^)v
2015/03/14(土) 08:49:50 | URL | かのぼん #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
かのぼん様、今日は。

凄い人でしたが、行ってよかったです。
残念ながら、もう実物を見ることが出来ません・・・。
2015/03/14(土) 12:52:33 | URL | ももぴー #-[ 編集 ]

こんにちは〜〜!
私も12日、最後の出発を見送りにホームに行ってたんですよ〜!(ブログにも昨日upしました)
ただ、私は、最後の最後までキャンセルがもし出れば・・・というのを狙っていたので(まあ難しい事はわかっていましたが^^;)、ホームに行く時間が遅くなり、先頭車両までは辿り着く事ができませんでした。
私も思わず少し泣きましたよ。最後の汽笛と、車窓から手を振るスタッフさん見てると涙が。。。

どこかでニアミスしていたかも知れませんネ(笑)
きじ、今あんなに並んでるんですね。昔から有名で私も好きですが、待ち客が以前より増えてますね。
2015/03/14(土) 14:29:59 | URL | マナサビイ #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
マナサビイ様、ご無沙汰です。

わたしも本当に、もう一度乗ってみたかったですよ・・。
残念ながら叶いませんでしたが、最後に合うことが出来たので後悔はしていません。
時代が変わってしまいましたが、また時代が変わって登場してくれる事を期待しましょう!
2015/03/14(土) 21:33:49 | URL | ももぴー #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://momonokehime11.blog.fc2.com/tb.php/150-01489ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。